STAFF
INTERVIEW

前職設計会社(航空機関連)

2017年入社

HIDEYUKI NAGATO 長門 秀幸

ハーネス特品事業本部
開発技術統轄部
第1技術設計部
設計12グループ

  • INTERVIEW 01

    ケーブルの進化で、 クルマの電動化を支える。

    見た目はただのケーブルでも、ハイブリッドや電気自動車に使われる高圧ケーブルは、年々進化を繰り返してきました。今後も、車両として機能が大幅に増えていくため、限られたスペースで大電流を流すことができるケーブルに対する期待も高まっています。住友電装は、ほぼすべての材料を自社で調達・開発をしていることが大きな強みであり、エンジニアとしても、狙いどおりの性能・品質を追求していけることに魅力を感じています。

  • INTERVIEW 02

    安定性・将来性に加え、 挑戦できる風土がある。

    転職活動をする中で自動車業界に興味を持ち、その中でもワイヤーハーネスに注目したのは、この先のクルマの電動化を考えたときに不可欠な製品であり、同時に技術革新が求められていると感じたためです。そして、住友電装を選んだ決定打は、新しい技術に対して議論する風土があり、現実性・具体性をきちんとプレゼンできれば、自分が担当させてもらえると知り、「これはすごくいい会社だ」と感じたことです。

  • INTERVIEW 03

    モノづくりに対する姿勢と、 働きやすい環境。

    入社して魅力に感じたことは、社員の皆さんのモノづくりに対する意識の高さです。最終製品だけでなく、開発途中の品質に対しても、プロセスごとにエビデンスがきちんと管理されており、「これは何ですか?」と聞けば、すぐに情報が返ってくることには驚きました。また、それだけ真摯なモノづくりをしていても、残業時間に上限が設定されており、きちんと運用されているところも気に入っています。「収入も増え、福利厚生が充実しており、残業も少ない」という、いいサイクルの生活を手に入れられたことがうれしいですね。

1日のスケジュール SCHEDULE

休日の過ごし方

東海圏は、日本の真ん中に位置していますので、どこに行くにも便利ですね。身近なところでも、テレビの情報番組で紹介されたお店をチェックして、散歩がてらに食べに行っています。